シャロ―スイングでは切り返しでクラブヘッドがひらがなの「つ」を描きます

   

スポンサードリンク

シャロースイング解説 ⑤軌道について

長岡プロのゴルフレッスン

シャロ―スイングについて、軌道のお話しを少ししたいと思います。

まず、アドレスをして、ピンクのスティックをシャフトプレーンより若干下目にセットしましたが、おおよそここがシャフトプレーンだと思って下さい。

で、テークバックして行った時に、インサイドにクラブを引いてしまったり、手と体の間隔が離れて行ってしまったりしないように、体と手の間隔を変えずに体のターンでテークバックしていきます。

ここで、目標に対してほぼ平行な状態のハーフウェーバックを通過してハーフスイング。

このハーフスイングの段階で、グリップが胸の正面にある状態。

この時のシャフトの形状なんですが、グリップの延長線が飛球線よりも若干内側を指すくらい、テークバックのバックスイング時にはクラブが少し立ち気味な状態で上げて行けると良いと思います。

そして、この場所から、下半身から左ひざを目標方向に向けて切り返そうとした時に、クラブの傾斜を少しシャフトを倒すように切り返します。

クラブのヘッドが後ろに落ちるような動きです。

これをシャロ―アウトと言いますが、ここでシャロ―アウトさせます。

で、この状態で切り返してきて、ちょうど右太ももの前に手が差し掛かっって来た時に、シャフトがおおよそ地面と水平になった時に目標と平行な状態、もしくは若干内側でも構いません。

そこで、クラブのリーディングエッジが、前傾している背骨とほぼ平行の状態。

で、このポジションに来たら、あとは体を回転させてインパクトを迎えるという形になります。

この時の良くない動きというのは、トップの位置からダウンスイングで右ひじを右わき腹に堕としましょうとか、右肘を真下に落としましょうというフレーズがあると思うんですけど、それを意識しすぎるあまりに回転する前に右ひじを閉めてしまうと、クラブが切り返した時に立って下りてきてしまいます。

スポンサードリンク

こういう動きを、スティープイン(シャフトが立ち過ぎた状態で切り返す事)と言います。

シャフトが立った状態で地面に向けて、ボールではなく自分のつま先寄り側にシャフトが立ち過ぎた状態で切り返してしまうと、インパクトで詰まってしまって結局手が浮いた状態でお尻が前に出てインパクトを迎える形になりやすいです。

ですから、トップの位置からクラブが立った状態で下りてこないように。

手が、構えた位置とトップを結んだ線、ハンドパス(手の通る軌道)に対して、クラブのヘッドが外側から下りてきてしまう事をオーバーザトップ(クラブヘッドがハンドパスより外側の軌道を通る事)というのですが、そういう風にクラブを切り返しで立ててしまうと、どちらかというと鋭角かつオーバーザトップ、外からクラブヘッドがアウトサイドイン傾向でボールにアタックして来てしまいますから、鋭角に当たってカット軌道という結果になってしまいます。

そうしますと目標に対してちゃんとした球が飛ばせないという形になりますから、切り返した時には少しクラブのシャフトの延長線上が飛球線より少し外を指すくらい、積極的にシャロ―にクラブを後ろに倒すようなイメージを持って頂いて寝かせるようなイメージです。

そして、ずーっと回転して引っ張って来てやると、綺麗にシャフトプレーン側からクラブが鈍角に入ってくる形が身に付いてきます。

一つ分かりやすくシャロ―にするための動きとして、トップの位置からクラブヘッドが切り返しでひらがなの「つ」を書くようなイメージです。

空中で、自分から見た時にひらがなの「つ」を書くような形です。

そういう簡単なイメージで最初は良いと思いますので実践してみて下さい。

ポイント

1.スティープインにならないように気をつける

2.オーバーザトップに切り返さない

3.空中でひらがなの「つ」を書くイメージ

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - シャロ―イング, 長岡良実 , ,