飛距離を出すスイングはナックルダウンが決め手!

   

スポンサードリンク

【ゴルフの裏ワザ】こうすればコックはほどけない

解説

「コックをほどくな!」とよく言われますが、ほどくつもりは無いのにインパクトではほどけているというのが普通ではないでしょうか。

コックがほどける原因

1.目標方向に向かってクラブを振り抜く意識が強いとほどけやすい。
  
 ダウンスイングではボールに向かってパワーを解放する。

2.ダウンスイングの早い段階でコックがほどけて、アーリーリリースになってしまうのは、若干のハンドファーストの形が作れていない事です。

3.左手首が甲側に折れてしまうと、クラブヘッドが手元を追い越してロフトを増やしながらインパクトを迎える。

ハンドファーストどころか、ハンドレイトになります。

4.フォローでは必ず右手が左手よりも上になるが、逆の形になってしまうとロフト通りに球が飛ばない、グリーン周りでボールをフワッと上げて寄せるロブショット。

多くのアマはドライバーでロブショットを打っているとさえ言われています。

飛ばないスイングの元凶

飛ばないスイングの元凶は、フェースをスクエアに合わせる意識にあります。

一見すると、フェースを真っ直ぐに動かしている方がインパクトゾーンが長くなるような気がするが、それは大きな間違いです。

この振り方では、ロフトが増える方向にクラブヘッドが動いて行きかつインパクト後に直ぐにヘッドが上昇してしまう。

つまり、インパクトゾーンが短くなるばかりか、ロブショットのようにボールが高く上がって飛距離が落ちてしまいます。

インパクトゾーンを長くするには、フェースをターンさせながらクラブを振っていく必要があります。

そうするとクラブヘッドはロフトが減る方向に動き、結果的にフェースがスクエアに保たれる時間も長くなります。

スポンサードリンク

そのために必要なのが、「ナックルダウン」の動きです。

左手の甲を地面に向けるナックルダウンでインパクトする事です。

ゴルフスイングで大事なのは、クラブにきちんと仕事をさせる事。

言い換えると、スイング中はクラブ全体を動かそうとする必要はなく、ヘッドを正しく動かしてやる意識さえ持てば良いのです。

ヘッドの正しい動きとはフェースの開閉であり、バックスイングでフェースが閉じながら上がって行く、そしてダウンスイングでは開きながら下りてくる訳ですが、そのままでは開いて当たってしまうのでインパクトに向かってフェースを閉じてやる必要がある訳です。

ナックルダウンの動きとは?

そのために必要なのがナックルダウンであり、右腕を内旋、左腕を外旋させる動きになります。

これにより正しいフェースターンが行われて、フェースが閉じると同時にインパクトゾーンが長くなる訳です。

また、ナックルダウンはその言葉通りナックル左手甲が地面を向くことなので、必然的にハンドファーストのインパクトになります。

ダウンブローの軌道でロフトが立った状態でインパクトすることで、より飛距離が出るという事になります。

ナックルダウンの動きができていると、肩を支点とした大きなアークのスイングになります。

逆に、左手首を甲側に折ってしまうと手首支点の小さなアークになり、どちらの方がより遠くへボールを飛ばせるかは一目瞭然ですね。

インパクト前後で、右手首は甲側に折れた状態のまま動きます。

一方の左手首は、ほぼ平らな状態をキープし、左手の前腕を外旋することでフェースをターンしていきます。

これがナックルダウンの動きです。

外旋が分かりにくいという人は、左手の中指、薬指、小指の3本をしっかりと握って、グリップをフェースが閉じる方向に回す動きをイメージすると分かりやすいです。

スイング中はクラブのシャフトを軸に開閉しているのです。

飛距離が落ちてきたら、ぜひナックルダウンを習得して飛距離アップを実現して欲しいと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - インパクト, ドライバー, フェースの向き, ロブショット , ,