ドライバーでつかまる球を打つには、インサイドインのスイング軌道が理想!

   

スポンサードリンク

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーでつかまる球を打つ スイング

解説

ドライバーでつかまる球を打つには、インパクト直前で肩が大きく開いてしまうとクラブヘッドがアウトサイドインの軌道で下りて来ますのでボールをカットする状態となり、ボールはつかまりません。

アウトサイドインの軌道をインサイドから下りてくるように変更する必要があります。

肩が開かなければクラブヘッドはインサイドから下りてきやすくなりますので、つかまるボールが打ちやすくなります。

時計の文字盤で例えると正面が12時だとします。

インサイドからの練習では、インパクトで胸が1時から2時の方向を向いた状態でインパクトを迎えるイメージでスイングします。

あくまでもボールをつかまえるためのイメージで、具体的にこのポジションで留まるという事ではありません。

最大の原因はアドレスにあります。

アドレスで両肩が開いている右を向いている場合は、インパクトでも肩が開きやすくなります。

また、グリップがウイーク過ぎる場合もフェースを閉じようとするために肩を無意識に開いて、ヘッドを左に向かって振ろうとしてしまう場合もあります。

ボールの位置を変えてみる

ドライバーでつかまる球を打つには、インサイドからボールを捉えてインサイドに振り抜くインサイドインのスイングが理想となります。

つかまらないボールを打っている方は、まずはインサイドから振るという意識を持つためにインサイドからアウトサイドに向かって振り抜くインサイドアウトの軌道を練習してみます。

そのために、ドライバーの練習でボールの位置を大きく変えてみる事も一つの方法です。

スライサーの場合は、ボールを左に置きたくなると思います。

フックの場合は逆で、ボールを右に置きたくなります。

これは、スイングのミスをボールの位置で修正しようとしているためでもありますし、そこにボールを置いて打とうとした事がスライスやフックの原因となる事もあります。

つかまった球を打つためには、ドライバーの練習をする際にボールをスタンスの真ん中にセットしてボールを打ってみる方法もあります。

プロの中にはつかまるボールを打つ練習に、ドライバーで右足の前にあるボールを打つ人もいます。

ちなみに、フッカーの場合はボールを逆に左に少しずつずらしながら練習してみます。

最初はとても違和感があると思いますが、インサイドから振り抜く意識を持つには効果的です。

また、フェースをインパクト前後で反して行く練習にもなると思います。

スポンサードリンク

インサイドから振り抜く練習として、ボールをスタンスの真ん中もしくは真ん中寄りにしてボールを打つというのがあります。

この場合、アウトサイドインに振ると左足方向にカットすることになりますから、自然にインサイド方向に引くのが理解できます。

最初はボールの位置をスタンスの真ん中寄りにすると、ひどいプッシュアウトかプッシュアウトスライスが出る事が多いと思います。

また、この練習で毎回フックボールが出たらボールがつかまり過ぎているという事になりますので、少しずつボールの位置を左へと移動して行きます。

インパクト後は左手をボールの飛行線上に向けたまま振り抜くイメージ。

プロのインパクトを見ると、左手の甲がインパクト後も飛行線方向に維持されており、クラブが折りたたまれるまで維持されています。

ドライバーでつかまる球を打つためには、クラブをインサイドから振っていく必要があります。

インサイドから振っていくためには色々な方法がありますが、もう一つのポイントがフェースを開かないようにバックスイングする事です。

ドライバーでスライスが出たり、フェースがインパクトで開いてしまってつかまったボールが打てないという時は、案外バックスイングの早い段階でフェースが開いている事が多いのです。

この一つの原因がグリップです。

ウイークグリップで握っている場合は、かなりの確率でテークバクをスタートして直ぐにフェースが開きます。

ただ、それに気づくことは殆ど無く、ダウンスイングで何とかフェースを閉じようとします。

本当はフェースを開かないようにしてバックスイングをすれば、ダウンスイングでフェースを閉じるための動作をする必要はありません。

また、その開いてしまったフェースをダウンスイングで閉じるための動作と言うのはヘッドスピードを思いの他奪っていくものです。

そのため、グリップを修正してスライスを直すと、飛距離だけでなくヘッドスピードも上がる場合があります。

フェースを開かないようにしてバックスイングするためには、グリップをフックグリップにする事と構え方も大事です。

グリップが左太ももを指すように構えます。

テークバック始動時にフェースを開かないようにします。

そのためには、テークバックがスタートして直ぐドライバーヘッドが右足の前に来るまで、フェースがボールの方向をずっと向き続けたままテークバックをするようにします。

この形だと、フェースが開いていないか、又は若干閉じながらテークバックしているような形になるからです。

最初からドライバーフェースを被せて構えている人が多いのですが、あくまで自然に構えて打つことが必要です。

最近は、フックフェースドライバーが多いですが、違和感があってもそのまま打つことがドライバーの設計にあった方法です。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - インパクト, グリップ, ドライバー, フェースの向き, ヘッドスピード , ,