ゴルフスイングの振り遅れにも力のロスがあります【講師 真中 幾造氏】

   

スポンサードリンク

真中幾造のゴルフ理論 飛ばしの法則03-3 振り遅れにも力のロスがあります

振り遅れという力のロス

下半身を先に回転させることは、力のロスを最小限にします。

ところが、下半身を先に回転させてもロスの生じる仕組みがあるのですが、それは「振り遅れ」という現象です。

滑車で表現してみましょう。

長い滑車の上に小さな滑車が載せてあります。

下の滑車を下半身、上の滑車を腕だとイメージすると良いでしょう。

下の滑車をゴムで引っ張りますが、上の滑車は載せてあるだけでゴムはありません。

手を放すと上下の滑車は同時に移動しますので、力のロスはありません。

次に、この状態で手を放しますが、上の滑車が一瞬遅れているように見えませんか?

スローで見ると下の滑車は移動していますが、上の滑車は移動していません。

これがゴルフで言う「振り遅れ」の現象です。

その後は一緒に移動しています。

なぜ上の滑車が一瞬だけ遅れてしまうのでしょう?

スポンサードリンク

これは慣性の法則が働くからで、上の滑車は行きたがっていないのです。

誰でも下半身を先に回転させれば、上半身や腕そしてクラブは振り遅れの力が働いています。

下の滑車の移動に上の滑車が遅れると、ここには力のロスが2つ生じています。

それは、どんなロスなのか?移動させる前の下の滑車の端から上の滑車の端までの距離はこの長さです。

これを移動させると、上下の滑車の距離はこの長さで短くなっていますが、この長さの差が上の滑車の遅れている距離で、力のロスです。

そしてもう一つ力のロスが発生しています。

今度は上下の滑車が一体となるようテープで固定しました。

同じく下の滑車を引っ張って手を放しますが、この移動に力のロスはありません。

この時の下の滑車の移動距離はこの長さです。

今度は上の滑車は固定していません、下の滑車の移動距離に注目して下さい。

移動距離はこの長さですから、なんと移動距離は短くなっています。

上の滑車を固定させるとこの移動距離ですから、固定しないと上の滑車が下の滑車にブレーキをかけてしまうのです、注目すべき結果です。

体にもこのような力のロスが発生していると考えられます。

下半身の回転に対して腕の動きが遅れると腕の速度が落とされるだけではなく、下半身の回転速度そのものも落とされる可能性があるということです。

これでは飛距離に大きく影響します。

では、どうすれば良いのか?2つ考えられますが、これでは上の滑車は遅れてしまいます。

スポンサードリンク

一つはここに壁が無い事にあります。

ここに壁があります。

下の滑車を引っ張って手を放すと一緒に移動します。

腕をこの位置にして下半身を回転させると、腕に何も力を入れていなければ、腕は本来同調しません。

上半身も同様です。

そこで、腕を体に引き付けて壁を作ります。

さらに上半身もねじります。

しっかりねじるほど壁が作られ、腕は体の回転に同調します。

振り遅れにならないためには、体にどのような壁を作るかがその対策となります。

2つ目です。

腕は本来、下半身の回転に遅れてしまうのですが、実際はこのように振り遅れない動きもできます。

これは、振り遅れにならないよう腕に力を入れているからです。

上の滑車には力を発生させるものは何もありませんから、当然遅れてしまいます。

今度は、上の滑車にも力を発生させるゴムが取り付けてあります。

上の滑車を引っ張って、下の滑車も引っ張ります。

上下の滑車は一緒に移動します。

遅れない原因は、上の滑車に力を発生させたことにあります。

人間も同様です。

下半身の回転に対して、腕が遅れない力を発生させているから同調するのです。

振り遅れにならないためには、下半身の回転に対してそれに見合う上半身のねじり戻す力や腕の力が必要になります。

飛距離の優れている人は、下半身の力も優れていますが腕の力も優れているから飛ぶのです。

ところが、腕の力があっても振り遅れる人が多くいますが、なぜでしょう?

それは、力の問題ではなく下半身の回転のさせ方に問題があるからです。

さて、腕の振る力が弱い人は下半身を速く回転させてはいけません。

振り遅れた瞬間に腕も下半身も遅くなります。

特にスタート前の練習では、飛ばそうとするのではなく腕を同調させることに意識を向ける事です。

下半身の回転が遅く感じても、同調さえしていればそれが結果的にロスを少なくします。

そして、今日、今できる力を最大にしてくれるのです。

では、次回・・・。

今回のポイント

・ゴルフスイングのロスは、下半身の回転に腕が振り遅れることが原因で発生する!

・持てる力をロスなく最大限に発揮するためには、下半身の回転と腕の振りを同調させることが重要である!

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - 真中幾造のゴルフ理論 飛ばしの法則 , ,