ドライバーのボールの位置は左足内側で良いのか?【ちょっとだけゴルフ理論】

   

スポンサードリンク

ちょっとだけゴルフ理論 ドライバーはボールを左足内側でよいのか?

【ちょっとだけゴルフ理論】ドライバーでボールを左足内側基準にする盲点

これは、ドライバーの構えです。

多くの人が左足内側を基準にボールをセットしています。

足の位置を基準にすることで毎回同じ構え、同じスイングができると信じているからです。

しかし、この基準には忘れてはならない前提条件があります。

それは、毎回同じスタンス幅にする事です。

ボールの位置を変えずにスタンスを広くします。

何か高い弾道のボールを打ちたくなる構えです。

今度はスタンスを狭くします。

この構えからは、ボールが上がらない感覚になります。

そして、これが肩幅スタンスです。

3者を比較します。

ボールの位置は3者とも左足内側にありますが、これは同じ構えになっていると言って良いのでしょうか?

スポンサードリンク

別の方法で比較してみましょう。

中央画面が肩幅スタンスです。

この構えを基準にシャフトを固定します。

正面から見たシャフトはほぼ垂直です。

左足の位置を一定にしたままスタンスを広げていきます。

まず、狭いスタンスです。

次は肩幅スタンス。

そして、広いスタンスです。

3者を比較します。

シャフトを一定にすることで、構えの違いが明確になります。

この構えにはいくつもの違いがありますが、目立った違いを3つ取り上げます。

まず一つ目は、上半身の傾きです。

スタンスが広くなるほど右に傾いていますが、上半身が傾くことは肩の回転軸が傾くことです。

同時に腰のラインも肩のラインも左を向きやすくなります。

そのせいか、スタンスの広い人はクローズドスタンスに構える傾向があります。

2つ目の違いです。

中央の肩幅スタンスは、シャフトと左腕が一直線に重なっています。

一方、狭いスタンスはひらがなの「くの字」の形をしています。

そして、広いスタンスは「逆くの字」の形をしていて、手首の動きに影響を与えています。

3つ目の違いです。

グリップの握り方に注目します。

広いスタンスのグリップは「ストロンググリップ」になっていますが、これは前腕を回転させないと手首の関節に無理があるからです。

一方、狭いスタンスは「ウイークグリップ」になる傾向があります。

スタンスの広さがグリップの握り方まで影響を与えています。

インパクトの形も見ておきましょう。

肩幅スタンスですが、シャフトと左腕が一直線に重なっていますので、無理のない自然なインパクトに変化できます。

スポンサードリンク

広いスタンスの場合は、手首の角度にかなり無理のある形ですから、シャフトと左腕を直線にしようとすれば体をおこすように移動させなければなりません。

どちらも無理があるせいか、一般的にはシャフトが右に傾くインパクトになります。

狭いスタンスですが、右手首のコックがほどけているようなインパクトの形です。

コックをほどかないようにするには、上半身を右に傾けなければなりません。

このようにスタンス幅が変化すれば、あらゆるところに変化が表れます。

一定の構えとスイングにするには、スタンスの幅を常に一定にする必要があります。

しかし、常に同じスタンス幅にすることは大変難しいことです。

そもそも、ボールの位置をスタンス基準にすることには、無理があるのです。

そこで、簡単な基準を一つだけ紹介しましょう。

左手にクラブを持って、垂直に垂らします。

左腕とシャフトは直線に重なっています。

クラブを垂らしたまま、スタンスを広げていきます。

その垂らしたクラブの真下に、ボールをセットする方法です。

スタンスを基準にするのではなく、上半身を基準にしています。

左腕に沿って、色をつけます。

左腕を一定にしたまま、スタンスの幅を変化させます。

狭いスタンス

肩幅スタンス

広いスタンス

左腕は常に一定で、スタンスの幅は変化しますが肩幅は変化しないからです。

固定したシャフトで同じことを行います。

狭いスタンスです。

肩幅のスタンス。

そして、広いスタンスです。

3者を比較します。

ボールの位置は、スタンス基準で見れば全く違っています。

しかし、上半身の傾きは3者とも同じです。

また、シャフトと左腕は3者とも一直線に重なっています。

グリップの握り方も同じです。

スタンスの幅が違っても、構えとスイングを最小限の違いにすることができます。

少しくらいのスタンス幅の違いならば、ほぼ同じ感覚でスイングすることが可能です。

ここで、注目すべき点があります。

中央画面はスタンスの内側が肩幅と一致します。

ボールは左足内側です。

つまり、肩幅スタンスにすればボールは自然と左足内側になるということです。

腕が肩に付いている以上、「ボールの位置は肩幅で決まる」とも言えそうです。

では、次回・・・。

今回のポイント

・ドライバーショットのボールを置く位置はスタンスで決めるのではなく、肩幅を基準として決めるとスタンス幅に関わらずほぼ同じ感覚でスイングすることが可能になる。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - ちょっとだけゴルフ理論 , ,